スポンサーサイト

Posted by タロス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きっかけはRED STONE(´・ω・`)消費税増税?

Posted by タロス on 03.2012 未分類 4 comments 0 trackback
私の家はテレビがありません。

家でいる時はRED STONEは勿論ネットサ-フィンをしていることが殆どです。

そのため、時事問題に関する情報入手が人より遅いことが良くあります。

高島彩アナウンサ-の結婚や、宮崎あおいの離婚を遅れて知った時は驚いたものですw


そもそも、ニュ-スを積極的に知ろうと努めません。

こうした性格も相俟って引き籠りに拍車をかけているのです^w^


しかしながら、引き籠りの最大要因たるRED STONEからも情報を取得出来ることがあります。

非現実世界において現実世界の情報を入手出来るという矛盾?を内包していることもまた面白いですね。


そんな私が露店巡りをしていた際、面白い露店看板を見付けました。


「消費税増税反対」という露店看板です。


現民主党政権が消費税増税を政策として打ち出していくのかが国民の間でも争点となっているようですね。

露店看板でこうした政治について書かれていれば、ついつい考えたくなるものですw

最近私は多くの方から変態・エロキャラとして認識されているようです。

汚名返上のため、そろそろ真面目な私を見せておかなければならないでしょう(´・ω・`)


消費税増税によって私達の消費活動、普段の生活に大きな影響が出ることでしょう。

増税額によっては、消費者たる私達の出費が随分増えていくことになるでしょうね。

生活必需品の購入費用が以前より高くなってロトボックスが買えなくなるという事態に陥るのは困ります(´・ω・`)


しかしながら、だからと言って私は消費税増税に反対というわけではありません。

その理由を財政学の予算に占める歳入・歳出という観点から語りたいと思います。


主にマスコミによって、しばしば行政・公務員の無駄が強調されます。

マスコミによって流された情報を受けて、大半の国民もそれに賛同します。

こうした世論を受けたせいか民主党政権で事業再編成が行われ、1兆円程の無駄を省くことが出来ました。

ここで現日本政府の歳入について考えます。

国債(公債)は簡単に言えば、日本の借金です。

日本政府は国債を発行して資金を調達し、その資金で行政サ-ビス等を行っています。

その他国債の売買で景気調整が行われることも良くありますね。


政府の年間歳入の内、公債金収入、すなわち借金が占める額は約44兆円にもなります。

公債の内、建設国債の約6兆円は世代間公平を図る上で必要な借金と言えます。

(この点についての説明は割愛します)

それでも政府の収入の内、借りているお金が約38兆円も占めているという現状です。


もう一度言いましょう。

「無駄をなくせ」という世論を受けて政府が約1兆円の無駄をなくしました。

それでもなお約38兆円の借金があるのです。

重要なのはマスコミに扇動されて無駄を省いたところで残りの赤字国債を何とか出来る状況ではないということです。


「消費税増税する前に無駄を省くべき、先にやるべきことがある」

大半の国民の感性に訴えるならば、確かにこの考え方は理解出来ます。

しかしながら、現状は無駄を省いてもどうにもならない別次元にあるということを絶対に忘れてはなりません。

この点を良識的に考えなければならないのです。


マスコミ・国民の味方を「装って」、消費税増税反対を政権公約として掲げる政党があります。

公務員講座の講師が以下のようにおっしゃっていました。

「消費税増税を反対する政党・政治家こそが、他ならぬ庶民の敵である」

私はこれを聞いてなるほどと思いましたね。

仮に選挙で勝利したこの政権が消費税増税をしなかったとします。

そして度重なる国債発行で借金を支払えなくなったとしましょう。

財政破綻の先にあるのは、社会保障政策・公共サ-ビスに充てるお金がなくなることを意味します。

生活保護等が受けられなくなるのは言うまでもありません。

国際的な信頼を失い、日本は終わりを迎えると言っても過言ではありません。


「消費税増税反対」を掲げる政党が、増税をしないでどのように財政を運営していくのか。

その点を明らかにしない限り、間違いなくこのような政党は国民の敵であると私も同意します。

この点だけは絶対に絶対に忘れてはならないと強く主張します。


露店看板にもあった通り、「消費税増税」は大半の国民が瞬間的に反対の意を表明することでしょう。

それに対して、国債を発行すると言っても増税程国民の反発は大きくないですよね。

これこそが現在の日本が借金大国たる所以だと思いませんか?

毎年赤字国債を発行しているのにも関わらず、反対しない国民性が財政難に拍車をかけているのです。


要領を得ない話を長々としてしまいましたね。

ここまで読んで下さった読者様はいるのでしょうか(´・ω・`)

RED STONEの話かと思えば、政治経済の話で、しかも結局言いたいことは何なのか?

このような状況をどのように解決していけば良いのか?

…それが分からないから、政治が高度に専門性を要するわけですねw

いやぁ政治って面白いなぁと思います。


どうするべきか考える前に、まず現状をしっかり理解しなければならないと思います。

本日の記事は皆様の理解の少しでも助けとなったならば、それだけで更新した甲斐があるというものです。

分かりにくい説明だったとは思います。

勿論私自身強く感じたことを、書き記しておきたいという自己満足でもあります。

私の見解を述べるならば、消費税増税に賛成せざるを得ない、というものです。

消費税増税をしなければ、現状改善することは出来ないと思います。

何度でも言います。

「税金の無駄遣い?政治腐敗?消費税増税反対?」

これを主張して何か政策を施したところで借金はどうにもならない現状だということです。


何でも良いのでコメントがあればすごく嬉しいですが(´・ω・`)

では本日の更新はここまでとします。
スポンサーサイト

大学受験生は多少役に立つかもしれない(´・ω・`)

Posted by タロス on 21.2011 未分類 2 comments 0 trackback
たまには真面目な話も記事にしたくなることがあります。

本日の記事はRED STONEと全く関係ありません(´・ω・`)

大学受験を控えていて政治・経済や現代社会を選択している方は多少役に立つかもしれません。

もしくは政治学に興味のある方、公務員試験を受験する予定の方です。

数少ない読者様で、これらに該当する方はいらっしゃるだろうか(´・ω・`)

私の説明が悪いせいで、理解しにくい内容になるかと思われます。

いつも以上に詰まらない記事になるかとも思われます。

それでも宜しければ、長くなりますがお付き合い頂ければ、と思います。


最近再び昼夜逆転の生活が続いております。

人があまりいない時間帯の深夜に狩りをする。

この意味で昼夜逆転は廃人様にとって必然と言って良いのかもしれません(´・ω・`)

しかしながら、ここ最近ポ-タルスフィアは切れています。

RED STONEをしないで何をしているかと言うと、最近朝まで国会中継・演説を観ていますw

印象に残った演説を一つ紹介しましょう。以下のリンクは怪しいサイトではありません。

むしろ私の方が怪しいです(??)。

稲田朋美・主権国家

リンク先の動画で、8分50秒あたりから10分5秒あたりまで見て頂けると幸いです。

当時の民主党政権が中国船舶問題に対して中国側の船長を釈放したことに対する批判をしております。

私が印象に残った言葉を紹介しましょう。

極めて高度な政治判断を必要とする外交問題について

検察当局に(行政判断を)委ねたとすれば

菅総理及びその内閣には重大な外交上の局面において政治判断をする意思も能力もないことを

自らが認めたことになります。


なるほど、私は名言ではないかと思いました。

名演説と言われていますが、その所以はここにあると思いますね。

なぜ私が感動したのか、有名な判例と共に少し話したいと思います。


長沼ナイキ基地訴訟(1969年)

自衛隊が日本国憲法第9条に違反しているかどうかについて争われた。判決は以下の通りである。

憲法9条は侵略のための軍隊、戦力の保持を禁じているが、自衛隊は明白に侵略的な組織と言えないため、その存在は統治行為に属し、司法審査の対象とならない。


「高度に政治性のある国家行為の是非は国民の政治責任を負う政府・国会の判断に委ねられるべきである」

所謂「統治行為論」を採用しています。

他にも日米安全保障条約の合憲性が争われた砂川事件でも統治行為論が採用されていますね。

このような統治行為論について重要な点は…

司法たる裁判所は高度に政治的な国家行為についてその判断は政府・国会に委ねられるべきであるとした。

すなわち、重大な外交上の問題は政府・国会が責任を持って為すべきであるということです。

ここは政治経済のセンタ-試験及び大学入試で重要かつ頻出ですよ(´・ω・`)


以上のように過去の判例で司法自ら外交問題は自分達が扱うべきではないことを証明しています。

それにも関わらず、菅内閣は自分達が為すべき外交上の判断を検察に委ねた。

それを明確に批判して見せたからこそ、この稲田朋美さんの発言が素晴らしいと思ったのです。


少し話を変えましょう。

皆様は選挙で誰に投票するかについて明確な根拠を持って投票していますか?

私は最近国会演説を観るようになって初めて「稲田朋美さん良いなぁ」等々考えるようになりました。

これまで数回選挙に行きましたが、投票した理由は正直適当でした。

ここでも少し政治学の学説を一つ紹介したいと思います。

シュンペ-タ-の「競争的民主主義論」

従来「人民の、人民による、人民のための政治」という民主主義に対する理解が一般的であった。

しかし、民主主義は人々の意思が直接反映される仕組みではない。

人々は難しい政治・外交のことは分からないし、そもそも分かろうとする動機もない。

大体の国民は特別に政治通であったり、政治そのものを明確に判断できたりするような合理的な存在ではない。

民主主義という政治体制はエリ-トが人民の投票を獲得するべく競争して権力を得る仕組みである。


様々な政治思想を学んで来ましたが、これだけは深く共感しました。

正直に言えば、これは現代においても良く当てはまっていると思います。

少なくとも私自身は、特別に政治通でもなく、政治を判断する能力もありません。

「あの人かっこ良いなぁ」

「この人はあり得ないな」

「この人の所属は自由民主党か、よし投票しよう」

このような殆んど見た目だけの直感で投票して来ました。

マック赤坂

一見しただけでこの人には絶対に投票しないと、東京都知事選挙の時強く思ったものです。


ついでに言いましょう、私は民主党が大嫌いです。

ブログというインタ-ネット上でこうした明確な政党批判はするべきではないのかもしれません。

しかし、なぜ私が民主党を嫌うのか、その理由を聞けば大した批判じゃないことが良く分かると思います。

何度でも言いましょう、私は特別に政治通でもなく、政治を判断する知識も能力もありません。


幼い頃、私はとあるアパ-トの駐車場をのんびりと自転車で走っておりました。

少し先を見ると、男性の方が自分の車を丁寧に洗車していました。

幼い私でもすごく丁寧に洗っている様子が伝わりました。

そんな男性の愛車の横を自転車で通り過ぎたんですね。

すると私は急に男性に呼び止められました。

その男性が何を言っていたか覚えていませんが、私はものすごく怒られました。

私は男性の愛車にぶつかったわけじゃないですよ?

当時私はなぜ怒られたのか分からず、非常に不快な思いをしたことだけ覚えています。


その男性の顔が、民主党の鳩山前首相に本当に良く似ていました。



そうです、私はこれだけの理由で民主党が嫌いなのです。

民主党の政策が嫌い、党幹部の政策決定が気に入らない、そんなこと全く知りません。

ただ昔怒られた男性の顔が鳩山前首相に似ていた。

それだけで民主党そのものが嫌いなのです。

これではこんなくだらない理由で嫌われた民主党の方がかわいそうだと思いませんか!!!


話を戻しましょうか。

シュンペ-タ-の主張したように、大体の方々はエリ-トを選ぶ能力があるに過ぎないと思います。

しかし一方で、私はそれだけで十分だと思います。

ちょっと人から聞いた話。

ちょっとテレビや新聞で見た政治家や政党。

特別な政治に関する知識がなくても、その時感じたことだけで政治家を選んでも良いと思うのです。

これから私はすごく良いことを言う気がしませんか?

私が一番言いたいことは…

長くなったのでまたいつかの記事で語ろうと思います。

結論が語られないままですが、ここまで読んで下さった方へ。

本当にありがとうございました(´・ω・`)

今後とも私のくだらない記事にお付き合い頂ければと思います。

では本日の更新はここまでとします。

嫌な出来事が続く時は(´・ω・`)

Posted by タロス on 28.2011 未分類 0 comments 0 trackback
例えば、ブログの記事を書いていて保存せずに間違えて消してしまった時。

雨が降る日、買い物を済ませて傘立てに入れておいた自分の傘が盗られていた時。

RED STONEで、堂々と狩り場を横取りされた時。

(大変有名な方でしたが、もう一度同じことをやられた場合は抗議しようと思います)

悪い出来事が続くと、ついつい不安になったり、今後のことも悪い方向に考えてしまいがちになります。

そんな時は…



心の持ち方を

マイナスからプラスに!

ネガティブからポジティブに!!!




政治なめとんのか(´・ω・`)


いけませんね、つい乱暴な言葉遣いになってしまいました。


コメントしていらっしゃる方もいますが、皆様「供託物没収点」という言葉をご存じですか?

東京都知事選挙や大阪府知事選挙でも同様の適応が為されているかどうかは分かりませんが…

選挙は誰でも出馬を表明することが出来ます。

勿論年齢等の資格を満たした上です。

しかし、行政をより良いものにしたいと考えていない人に政治を任せるわけにはいきません。

立候補者に対して選挙を遊びでやらせないため、一時的に選挙管理委員会に300万円程お金を預けます。

そして得票数が有効投票総数の10分の1を下回る場合、このお金は選挙管理委員会に没収されてしまいます。

ふざけた演説・選挙活動をすれば、当然多数の票を獲得することは出来ません。

得票数が少なければ、300万円没収されてしまうわけですから、立候補者は真剣に選挙活動をするはずです。

これが「供託物没収点」です。


これを踏まえた上でマック赤坂氏の政見放送をご覧になって頂ければ、と思います。

本人は大真面目でこの政見放送に臨んでいるのかもしれません。

皆様はこの政見放送または同様の演説を見て、マック赤坂氏に投票したいと思いましたか?

勿論考え方は人それぞれですから、マック赤坂氏に投票したいと真剣に考える人がいて良いと思います。

しかし、私について言えばどう考えてもこの人に行政は任せられません(´・ω・`)

当然この方の得票数は、以前から供託物没収点に達しておりません。


お笑い芸人は、国民を笑わせることを仕事としています。

しかし、お笑い芸人は何のために働くのか。

言うまでもなく、自分自身が生きていくためです。

人を笑わせることにやりがいを感じているお笑い芸人の方々は多いと思いますが、あくまでも生きていくためです。

民間企業の方々はその行動原理が利潤最大化にあることを忘れてはなりません。

お笑い芸人は謂わば「生きていくために人を笑わせる」のです。


何度でも言いましょう。

マック赤坂氏の得票数は供託物没収点に達しないことが多く、300万円を没収されています。

彼は「国民を笑わせるために300万円を払っている」のです。

このようにコメントしていた方がいましたが、なるほど上手く表現していると思いましたw


ここまで我を通していると、この人を内閣総理大臣にしたらどのような行政になるだろうかと興味はあります。

しかし、流石の私も興味本位で行政を犠牲にすることは出来ませんw

政治に関して大した知識もないので、これ以上あまり偉そうなことは語るべきではありませんね。

RED STONEと全く関係ないですが、面白いなと思ったので紹介させて頂きました。

では本日の更新はここまでとします。

RED STONEに関する記事ではありません(´・ω・`)

Posted by タロス on 18.2011 未分類 2 comments 0 trackback
私のブログですが、RED STONEと全く関係のない大学の友人もたまに見てくれています。

以前ブログ更新100回記念の記事で、ミニスカ-トの女子高生にニヤニヤしているおじさんの話をしました。

ニヤニヤしているだけでは、おじさんは何も悪くない。

思想及び良心の自由は日本国憲法で、内心に留まる限り絶対的に保障される。

自身の衝動を抑えきれず、女子高生に手を出してしまった時点で犯罪であると。


この記事を読んだ友人が、法解釈を専門としているわけでもない私に対してこう言ったんですね。

おじさんが女子高生を見てニヤニヤしている。

その状況が女子高生にとっても、周りにいる人にとっても気持ち悪い

周囲の人間を不快にするということは、公共の福祉による制限を受けるべきでは?


なるほど、おじさんは女性に対してニヤニヤしただけで、存在そのものを否定されるわけですか。

もしニヤニヤしただけで、公共の福祉による制限=逮捕されるならば…

もうおじさんは卑猥な妄想をすることは出来ません。

ミニスカ-トの女子高生に対してニヤニヤするなんて、そもそもロクな人間じゃありません。

おっとつい失礼なことを言ってしまいました^w^

実際手を出すことなんてそう簡単に出来るものじゃないですから、想像する位許してあげて下さいw

おじさんの存在全否定はあまりにもかわいそうです。


まぁおそらく以下の解釈で間違いないと思いますが…

ニヤニヤしただけで公共の福祉による制限を受ける=これは思想及び良心の自由の人権侵害ですね。

この程度で制限を受けるようでは、内心に留まる限り絶対的な保障等不可能です。

それにミニスカ-トの女子高生を見ておじさんが…

「あの子の足エロぃなぁグフフ」みたいなことを考えているとは限りません。

もしかしたら「あの子可愛いなぁ」かもしれません。

あるいは「あの子のスカ-トをはいてみたいなぁ」とか。

いずれにしろおじさんはただの変態ですが、何を考えているか等他者が理解できるはずがないのです。

勿論何を考えているか誰が見ても分かる、ということもありますが。

私について言えば、私は何を考えているか顔に出やすいそうです。

特に人の話を聞いていないことが多い私は(オイ)、聞いてなかった時すぐにバレてしまいます^w^


皆様も卑猥な想像をする時は、周りのことを気にしなくて良いですからね。

重要なので何度でも言いましょう。

思想及び良心の自由は、内心に留まる限り絶対的に保障されるものです。


本日の記事はRED STONEと全く関係がありません。

最近公務員試験の勉強の関係で、様々な学問に触れています。

実生活に関連した分野は勉強していて本当に面白いです。

今後もこういった事例を、記事で残していけたらなぁと考えています。

では本日の更新はここまでとします。

シャインブラック

Posted by タロス on 23.2011 未分類 0 comments 0 trackback
もうすぐ私がRED STONEと出会って2年が経とうとしています。

最初は友人から誘われて始めたRED STONE。

何も分からない私を、ひたすらレベル上げのため狩りに連れて行ってくれた友人達。

しかし、2年も経てば、やはり同じゲームに飽きてしまうということは十分起こり得ると思います。

私がRED STONEを始めたばかりの頃、友人はいつもログインしていました。

本当にいつもいました、パソコンがオーバーヒートするんじゃないかと、心配になる程ログインしていました。

しかし、そんな友人達も、今ではシャインブラック以外ほとんどゲームにログインしなくなりました。

私がRED STONEと出会った頃から現在まで、ずっと付き合いのある友人は彼だけとなってしまったのです。


思えば本当に色々なことがありました。

シャインブラックにもたくさんレベル上げを手伝ってもらいました。

2009年9月。シャインブラックと共にアカウントハックを経験しました。

アカウントハックの経験

この画像だけでは分かりにくいかな?

当時は高額だった0%イクストラクター、知識比率上昇レベル2(1/2)王冠、そして約2億Gold盗られてしまいました。

運営からアイテムが復旧されたのも、シャインブラックも私も同じ時期だったと思います。

アカウントハックを乗り越え(?)、お互い試験等忙しい時期はあったものの、共にこの2年間ゲームを楽しんできたと思います。

そして現在。シャインブラックは未転生のレベル480程度、私は3次転生のレベル728なのです。

…この差はどこで生まれたのだろうか?


さて、どうして私はシャインブラックのことについて記事を書こうと思ったのか。

それは本日特にネタがないからです。


私は彼のことをとても尊敬しています。

シャインブラックは、人を惹き付ける文章を書くことができる素晴らしい才能の持ち主だと思っているからです。

ここでシャインブラックが高校卒業時に書いた卒業文集の一部を紹介したいと思います。

当時私は、「高校3年生でこれほどの文章が書けるのか」とひどく感動したものです。


まず最初に、人は生来の才能を持ち、才能の有無がその人の、ある分野の能力に大きな影響を及ぼすと仮定する。

小説家に文才を、数学者に数学の才能を、といった具合である。

この仮定の下で、人は何ができるのか考えてみたい。

人は才能がなければ何もできないのだろうか。

数学の才能がなければ数学をしなくていいのだろうか。

それは違うと思う。

怠惰は何も齎さない。状況に不満があれば、積極的に現状打破を目指すべきだ。

勿論、努力は結果を保証しない。

しかし重要なことは、それが物事を断念する理由の一つにはならないということだ。

先が見えない中で努力する、そういう経験を経て人間性が磨かれる。

学生の私が言うと説得力に欠けるが、高校教育の理念はそこにあるのではないかという気がする。

人間の価値は、何をやったかということよりむしろ、そうやって得た人間性にあると私は信じている。




大学受験は分かりやすい例だと思います。

志望校があり、それに向けて必死になって勉強する。

しかし、どんなに頑張っても、模擬試験の結果に反映されなかったり、あるいは志望校を受験して不合格という結果に終わる。

まさにこういった結果が、シャインブラックの言う「努力は結果を保証しない」ということの好例であると思います。

しかし、後で振り返ってみると、その人にとって一生懸命頑張ったという経験は、必ずどこかで生きてくると私も思います。

私はまだ21歳で、どのように高校3年生の経験が私の人間性となっているかはっきりと分かりませんが、そう信じたいです。

勉強だけではありません。


RED STONEのサービス終了が危惧されるという先が見えない中で、パープル・アメジストで一番レベルが高い悪魔となるため必死で狩りをする。

こういった努力がハンニバルタロスというキャラクターの価値を形成するのです。


冗談はこの辺にしておいて、話を戻します。

これから私は社会に出て行く上で、様々な困難が待ち受けていると思います。

RED STONEを引退するつもりは全くありません。今まで引退なんて考えたこともありません。

しかし、多忙でログインできないことがあるかもしれません。

そのような苦しい時期であっても、一つ一つの困難が私自身のためなのだと信じて、今後を過ごしていきたいのです。


今回本人の許可もなくシャインブラックについて記事を書いた理由は、自分自身が一生心に留めておきたいことを忘れないために、再確認することにあります。


以前大学の英語の授業で、エッセイの課題が出ました。

その時私はシャインブラックの卒業文集をそのまま英訳し、最高評価を頂きました。

彼の卒業文集を英訳した理由も、上記の通りです。

決して内容を考えるのが面倒だったから、ということではありません。


さて、今回は随分記事が長くなってしまいました。

次回は悪魔の活動記録について書いていきたいですね、あくまでもRED STONEのブログなので。

最後になりましたが、ここまで読んで頂いた方、ありがとうございました。

尚、シャインブラックから訂正・削除の依頼があった場合、この記事を訂正・削除致します。

それでは本日はここまでとします。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。