スポンサーサイト

Posted by タロス on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水谷隼(´・ω・`)

Posted by タロス on 30.2012 卓球 0 comments 0 trackback
このブログを始めてから、初の卓球に関する記事となります。

とはいえ、今回の記事で一番伝えたいことは卓球に関することではありません(´・ω・`)

私卓球は好き過ぎて語り始めると非常に長くなると思います。

卓球「だけ」の記事は、また日を改めて書きたいですね。


さて、私はRED STONEと同じく毎日欠かさずしていることがあります。

勉強もなるべく欠かさないように努めていますが、勉強をサボることは良くあります。

好きな科目ばかりじゃないからですね。

一方卓球は大好きなので、卓球動画観賞は日課となっています。

たまたま見つけた動画で、非常に面白いものを見付けたので今回紹介しようと思った次第です。


まずはこちらの動画をご覧頂ければ、と思います。

水谷隼マジシャンサ-ブ

ニコニコ動画で探しましたが、youtubeにしかありませんでした。


水谷隼選手と言えば…

17歳で史上最年少の全日本卓球選手権大会男子シングルスで優勝。

その後前人未踏の5連覇を成し遂げ、今や世界のトップクラスで活躍する卓球選手です。

メディアで福原愛選手が多く取り上げられますが、水谷選手をご存じの方は多いのでは、と思います。


勿論私は卓球に関して素人ですから、あまり偉そうなことは言えませんが…

上記動画にもある通り、水谷選手の一番の武器はサ-ビスですね。

強い回転がかかっているのは勿論、様々なサ-ビスを同じようなフォ-ムから繰り出す。

サ-ビスだけでなく、ラリ-戦の強さ、ボ-ルタッチ等、全ての技術が天才的です。

水谷選手の卓球も私は大好きですね。


上記動画で注目して頂きたいのは、実は最後です。

メディアは水谷選手の大胆な発言を取り上げます。

いや、水谷選手の大胆な発言「ばかり」取り上げます。

この点について松岡修造が訊ねた時、水谷選手は大変素晴らしい回答をしていますね。

*松岡:松岡修造、水谷:水谷隼選手

松岡:「発言だけ聞いていたら、ビッグマウス」

水谷:「そこはメディアが取るからじゃないですか?大きいところだけを。

小さいこともいっぱい言っていますよ」

~中略~

松岡:「言い方が悪いんですかね?」

水谷:「捉え方が悪いんですよ


この発言を聞いて、私は一層水谷選手のことが好きになりましたね(´・ω・`)

そうです、この記事で水谷選手の卓球技術の素晴らしさよりもメディアについて言いたいことがあったのです。


「メディアは大きいところばかり取り上げ、捉え方が悪い」

水谷選手はメディアに対して素晴らしい指摘をしていますね。

私はメディアが大嫌いです。

テレビを持たない理由の一つだったりします(´・ω・`)


恒例?の日本国憲法の話をしましょうかw

話が脱線することは私のブログにおいて必然と言っても過言ではありません。


憲法21条 集会・結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。


表現の自由は大変重要な人権です。

個人が表現活動を通じて人格を成長発展させる自己実現の価値があります。

民主主義は、皆が言いたいことを自由に言えなければなりません。

思想の自由市場の確保のため、民主主義にとって不可欠な人権です。

表現活動は、受け手がいることを前提とします。

受け取る人がいるからこそ表現するため、知る権利も当然保障される。

国民の知る権利を充足する大きな役割を果たすのがマスメディアです。


以下マスメディアの権利について。

主観的意見ではなく、客観的事実を報道する報道の自由。

これは憲法21条で保障されます。

国民の知る権利を充足する大きな役割を、マスメディアが果たしているからです。

報道の自由の前提となる取材の自由はどうでしょうか?

これについては、十分尊重に値するも、人権としては保障されていません。

報道が正しい内容を持つため、取材活動が不当に妨げられてはなりません。

しかし、人権として保障すれば、取材対象の国民のプライバシ-・名誉を侵害する恐れがあります。


話を少しだけ戻して、私がメディアを嫌う理由についてです。

私は情報を売るため何でもやるのがマスコミ、というイメ-ジを拭うことが出来ません。

例えば、千葉県で女性が殺害された事件について紹介します。

この女性は偶然泥棒に入られ、顔を見られたため殺害されてしまいました。

しかし、この女性はキャバクラでアルバイトをしていた経歴がありました。

この点に目を付けたマスコミは…

殺害されたことについてキャバクラでアルバイトしていた経歴は無関係であるにも関わらず…

「キャバクラ勤務のせいで殺害されて自業自得」という報道をしたことがあるそうです。

いかにも殺害された女性に原因があるかのような報道ですね。

殺害された女性の名誉棄損は言うまでもなく、残された家族はどのような思いだったでしょうか。


マスメディアは情報を面白く伝え、売るために伝えるのであり、正しく伝えません。

私はマスメディアの発する情報を鵜呑みにしてはならないと、常に考えています。


メディアではなく、取材・報道される個人が本当に伝えたいことは何か。

それが正しく伝えられる世の中になって欲しいものですねw


長くなりましたが、本日の記事は綺麗事を述べて終わりです。

結局私も問題点を指摘するのみで、何の改善策も提示出来ないことは悲しいですね。

では本日の更新はここまでとします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。